EC2 Amazon Linux 2にPython wrapper for TA-Libをインストールする

Amazon Web Services (AWS)にbotの動作環境を建てるときには、開発環境サービスのAWS Cloud9を使うことが多いようです。
しかし開発ではなく延々黙々とbotを動作させるなら、仮想サーバーサービスAmazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)もお勧めです。cronでの定期実行などbotとの親和性もあります。

EC2はCloud9とちがい、自分でターミナル接続やファイル転送やエディタを用意する必要があります。WindowsであればPuTTYWinSCPVisual Studio Codeあたりが定番でしょうか。

botの動作環境作りについてあらためてインターネットで調べると、botが流行した2018年の夏にかけてかつCloud9前提のガイドが目立つようです。
今回は最新世代のAWSサーバーOSであるAmazon Linux 2に、bot動作環境を構築してみました。

続きはnoteで。

https://note.mu/ottimista/n/nfab979a05c34