Pythonの例外処理で止まりにくいbot作りを考える

チャネルブレイクアウト戦略は期待値の勝負です。正の期待値があるロジックも、常に市場に参加していなければ果実を得ることはできません。これは他の戦略にも言えることです。

例外処理をしていないスクリプトはあまりないと思いますが、エラーだから通知をして止めましたとか、何回エラーが続いたので止めましただけでは、止まってばかりのbotになってしまいます。
止まる原因に合った適切な例外処理をすることで、止まりにくいbotにすることができます。

今回は、try節で起きた例外をexcept節でキャッチするという、コードの話ではありません。このケースではこういうことが起きていると想定されるから、こう対処しています、という話をします。

続きはnoteで。

https://note.mu/ottimista/n/nda58c12abeea